「小規模事業者持続化補助金」とは

小規模事業者(士業事務所であれば常時使用する従業員数が5人以下)が働き方改革などの相次ぐ制度変更に対応し持続的な経営が行えるように、販路開拓等への取組にかかる費用を補助するもの。

補助率 2/3(上限50万円)

LEGALBACKSのサービスで対象となるもの

ランディングページ制作サービス(原稿はお客様で用意)79,000円
ランディングページ原稿執筆360,000円
チラシ作成表面のみ:30,000円/両面:35,000円
リスティング広告等運用月額50,000円
各種広告費月額50,000円
※表示価格は税抜きです。

対象となる内容

本補助金の目的が販路開拓等への取組となっているため、新しいサービスを伝える内容となっている必要がある。
例えば・・・

申請までの流れ

補助金申請準備

補助金申請(第4回受付期限:2021年2月5日)

採択
事業実施(契約をし作成に着手、報酬の支払い)
実績報告

補助金受給

補助金申請について、無料相談が可能です。

補助金の申請手続きを委託することが可能です。あなたが補助金申請の条件を満たしているかどうか等について、30分のZoomによるオンライン無料相談を実施しています(提携:行政書士加藤健二)。

補助金を活用してLP製作や広告出稿をしたいが、自分で申請する時間がない。申請の依頼を検討している場合には、無料で相談が可能です。なお、ご自身が申請する場合において、書類作成について相談したい場合は、初回から有料相談になりますので、予めご了承ください。

相談料/報酬について
補助金申請手続きの依頼を前提とした相談無料(30分)
自身で行う補助金申請手続きについての相談有料 4,400円/30分
依頼した場合の補助金申請手続き報酬132,000円(着手金なし、成功報酬)

ご相談を希望される場合は、下記のフォームからお気軽にお問い合わせください。折返し、加藤行政書士より対応させていただきます。

補助金ご相談 フォーム
氏名(必須 (姓)  (名)
メールアドレス (必須
ChatWorkアカウント
会員
ご相談内容 (必須  
ご相談内容をお書きください


よくある質問

補助金には審査があります。直近の一般型の採択率は65%、コロナ特別対応型は33.9%と狭き門になっています。依頼された場合も不採択になることはございます。

2月5日締切分の場合、採択後、実際に事業を行いその報告が完了してからの入金になります。申請後9か月から1年と考えておいてください。

都道府県や市区町村独自の補助金が使える場合がございますが、原則小規模事業者持続化補助金のみの対応となります。

士業事務所の場合、常時雇用している従業員5名以下が「小規模事業者」となります。
その他、募集要領にある、「反社会的勢力排除に関する誓約事項」に該当しないことの誓約などがあります。
今年度、すでに小規模事業者持続化補助金の採択事業者も不可となります。

申請書作成→管轄の商工会議所or商工会で様式4の取得→申請書送付→採択発表
採択発表→補助事業開始→報告→補助金入金 となります。

ZOOMにて全国から相談・依頼が可能です。

採択発表後、一週間以内に指定の口座にお振込みをお願いします。

成功報酬制のため、報酬は不要です。万が一不採択の場合、状況によっては次回申請に再度チャレンジ可能です(成功報酬制)。

新たな販路開拓につながる、チラシ・パンフレット・店舗改装等も追加可能です。

事業再開枠に対象の場合、ご相談・申請に対応いたします。

新規開業の個人事業主、法人も申請対象となります。
ただし、新たな販路開拓の事業にあたらないと判断した場合、お断りする場合もございます。